So-net無料ブログ作成
検索選択

トメトーーーク!! その15 認知症の検査? [嫁生活]

 お友達のお姑さんの話です。
 というのも、うちのおトメさんの時も、私なりにバタバタしてて、わからない事だらけで、一人で手続きするのは、かなり大変なのです。
 
 そもそも本人はボケてるとは思っていないので、検査受けにいこう、と言っても無理なんです。
 ハムパパもそうでしたが、自分の母親がボケているとは認めたくないらしく、結局、嫁が頑張らないといけなくなるところが多いのです。

 そこのお姑さんも、前から認知症の兆候はあったらしいのですが、骨折が原因で、まさしく認知症という状態らしいのです。

 そもそも骨折してて、歩き回れること自体がヤバイです。そして、もう何十年も住んでいるところなのに迷う、という。
 骨折して、ギプスをしているおばあちゃんがスタスタ歩いて、ブツブツ言いながら、同じところをグルグル回っているのを見たら、ホラーです。

 そして、なぜか、音もなく、外出するんですよね。うちのおトメさんもよく徘徊してました。そして、人の畑から野菜とってきてました。謝りに行くのは私なんですけどね。本人、わかってないし。

 お友達のところは、骨折もしてるので、それはそれは困った問題です。
 ハム太郎と同じ子供の他に2歳の子供もいるので、魔の2歳児、じっとしてません。
 お姑さんが徘徊したら、子供を抱っこして探すことになります。やってられません。
 ハム太郎も2歳の時、おトメさんが徘徊時期でしたが、もうクタクタでした。

 対策としては、一刻も早く、介護認定を受けて、デイサービスとかに預かってもらうしかない気がします。いくら子供と同じとはいえ、同じではないのですから。

 認知症の検査、がまたネックになってきます。嫌がります。健康診断とかいっても無理だったりします。普段、元気で病気をあまりしない人の場合は、特にです。

 骨折してらっしゃるのですが、普通の小さな病院らしく、大病院なら、ついでに科を変えて、認知症診断してくれるかと思いますが、それも無理なんで、これは、包括支援センターに泣きつきしかないです。

 もう、クレーマーかと思うくらい電話をして、病院を紹介してもらい、認知症診断をしました。それしかない!
 認知症なんだったら、早目に診断して、早目に治療が最優先です。

 旦那さんの協力が得られないなら、自分の身とお姑さんの未来を守らないといけないのです。
 がんばれー。

 まだ、私、ハム太郎だけでよかったのかな、ハムパパは、無関心で何やっても放置でしたし。虐待しててもわからなかったのかも←しないけど、する気力すらなかった。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0