So-net無料ブログ作成
検索選択

トメトーーーーク その16 介護が原因? [嫁生活]

 介護離婚というのがあるらしいですが、私が少しの間だけでも、おトメさんと一緒に住んでいた時でも、結構、しんどかったりしたので(全く、何もしていないクズ嫁の私ですら)、きっちりと真面目な人はそれはそれは、しんどいと思います。

 

 大抵のご主人は自分の親がぼけているということは認めません。なので、嫁がいくら「今日、お義母さんがよその畑から大根を盗ってきた」と言っても「んなバカな」で終わります。そして、タチの悪い場合は、お義母さんが被害妄想気味の認知症の場合です。

 「嫁がお金をとった」「私はごはん食べてない」とか。一緒に食べたでしょ!と言っても、忘れているので無駄です。お金も盗るわけはないのですが、しまったところを忘れているのにもかかわらず「嫁がとった」となるわけです。

 ご主人、親がぼけてるのを認めない=嫁、本当にごはん食べさせてないんじゃ?というか、腹減ってんだったら、きちんと食わせてやれよ、となります。

 満腹中枢が破壊されてると思うくらいに、よく食べていたりするんですよ、これが。老人はごはんをあまり食べない!と思ったらえらい間違いです。よく食べますよ。


 そして、どんどん問題行動を起こすお姑さん。でも、ご主人、忙しい場合、親が寝てから帰ってきたりされるので、その場を見ていないわけで。「そんなに俺の親が憎たらしいのか!」となったりします。

 嫁の場合、姑はほぼ言うこと聞かない。でも、息子だったら、言うこと聞くかもしれない、で嫁、がんばってご主人に言いますが、信じていないので、結局、嫁が悪者になります。嫁、やってられません。


 幸いなことにハムパパは家のことには無関心だったので、私がおトメさんのことを言っても聞いてない。言うだけ無駄で、急がないといけないこともあり、最終的には勝手に決めました。まぁ、それなりに自分で一人で決めるのもしんどいっちゃしんどいのですが。それにハム太郎付きでしたから、ハム太郎にはかわいそうなことをしたな、と思ってます。一時預かりもくっついて離れず、預けられなかったので、施設、支援センター、病院、すべてハム太郎も連れていきました。


 さて、お友達のところです。

 モメてます。


 お姑さんが、いよいよ認知症バリバリになってきたらしく、骨折して安静にしておかなければならないのを歩き回り。ご主人(息子)が注意すると「●●(嫁の名)がごはんも食べさせてくれないから、自分で買い物に行かないといけないんやー」と泣き出すらしく。

 でも、食べてます。お姑さんのところに食事を運んでいるのもご主人は見ています。

 でも「お母さんが悪いんだろ!食べただろ!」とは言わず「お腹すくんだろ。もっとたくさん持っていってやれ」と嫁に。

 ありえない・・・・・とハタから見たら思うのですが、ご主人はそういいます。食事が少ないんじゃないか?みたいに。

 で、例えば、甘い物が好きな人だったら、ものすごく食べたりします。おトメさんの場合、回転焼きを1度に5個食べました。さすがにハムパパはびっくりしてましたが「食べたいだけ食べればいいんじゃね?」と言ってました。5個も1度に食べたら糖尿病になるわ!ハムパパですら5個は無理でしょうが!


 こうなると、仲良かった夫婦仲も険悪になってきます。そもそも、嫁はものすごく疲れます。姑さんがいつ徘徊するかわからない、いつもご飯食べてない、という。トイレは失敗してすごい状態になっている。洗濯物もお姑さんがポケットに何かを入れたまま洗濯機につっこんでくれてたら、洗い直ししないといけない、倍の時間がかかるわけです。

 

 自分が倒れる前に、もう施設に入ってもらいましょう。それが一番です。お金の心配はありますが、自分の健康と家族の幸せを天秤にかけたら、どちらが大切かわかりますよね?

 で、うちの親を捨てるのか!介護放棄するのか!と心ないことを言われた場合は、子供のことを考えて、離婚も視野に入れたらいいと思いますが、いろいろ家のことをやってもらっていて、そんなことを言う人はなかなかいないと思いますし。

 お姑さんのせいで病気になるのもバカらしいです。

 ご主人は最初、施設に入ってもらうことはぶつぶつ文句言うかもしれませんが、いずれわかります。それの方が、お姑さんにとってもいいことかと思います。


 がんばれー。



 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0